About me

研究テーマ

  • モバイルデバイスのためのビジュアルプログラミング環境の設計と実装
  • ペアプログラミングAI (詳細はこちら)
    • イベント駆動型アプリケーションの開発支援のためのAPI利用パターンの抽出と活用法に関する研究(詳細はこちら

学歴(2005〜2009, 2016〜2019)

  • 2009.3.  広島市立大学    情報科学部 情報工学科 卒業
  • 2016.4.  広島市立大学大学院 情報科学研究科 博士後期課程 入学
  • 2019.9.  広島市立大学大学院 情報科学研究科 博士後期課程 修了

職歴(2009.4〜現在)

  • 家電メーカーのソフトウェア開発会社やベンチャー企業で実務経験有り。
    • 組込ソフトウェア開発(Android, Linux, Automotive Grade Linux)
    • スマートフォンアプリ開発(iOS, Android)
    • Pepperアプリケーション(Pepperパートナープログラム認証取得の経験有り)
  • 現在,自動車メーカに在籍

活動歴

受賞歴

学術論文

  • Masashi Nishimoto, Keiji Nishiyama, Hideyuki Kawabata and Tetsuo Hironaka, “SAIFU: Supporting Program Understanding by Automatic Indexing of Functionalities in Source Code,” Volume 7, Issue 4, pp.167–174, 2019. DOI:https://doi.org/10.2991/ijndc.k.190917.002
  • Yushi Kondoh, Masashi Nishimoto, Keiji Nishiyama, Hideyuki Kawabata and Tetsuo Hironaka, “Efficient Searching for Essential API Member Sets based on Inclusion Relation Extraction,” Volume 7, Issue 4, pp.149–157, 2019. DOI:https://doi.org/10.2991/ijndc.k.190911.002
  • Masashi Nishimoto, Keiji Nishiyama, Hideyuki Kawabata, Tetsuo Hironaka, Easy-Going Development of Event-Driven Applications by Iterating a Search-Select-Superpose Loop, Journal of Information Processing, Vol.27, pp. 257-267, 2019.
  • 西本匡志, 川端英之, 弘中哲夫, アプリケーション開発支援のための協働API集合検索システム, 電子情報通信学会論文誌 D, J101-D(8), pp.1176-1189, 2018.

国際会議発表

  • Masahiro Hata, Masashi Nishimoto, Keiji Nishiyama, Hideyuki Kawabata and Tetsuo Hironaka,OSAIFU: A Source Code Factorizer on Android Studio,35th IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution(ICSME2019),September 30th – October 4th,2019.
  • Masashi Nishimoto, Keiji Nishiyama, Hideyuki Kawabata, and Tetsuo Hironaka, Supporting Program Understanding by Automatic Indexing of Functionalities in Source Code, 17th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Management and Applications (SERA 2019), pp.13-18, May 29–31, 2019.
  • Yushi Kondoh, Masashi Nishimoto, Keiji Nishiyama, Hideyuki Kawabata, and Tetsuo Hironaka, Extracting Inclusion Graphs of API Member Sets to Improve Searchability, 17th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Management and Applications (SERA 2019), pp.53-59, May 29–31, 2019.
  • Masashi Nishimoto, Hideyuki Kawabata, Tetsuo Hironaka: Effective Indexing based on the TF-IDF Method with Selected Terms for Discovering Usages of APIs from Open Source Repositories, ITC-CSCC2017, Oral, 2017

国内学会発表

  • 原口 雄士,西本 匡志,近藤 悠志,西山 佳志,川端 英之,弘中 哲夫,Androidアプリケーション開発支援ツールのためのAPI利用パターン情報収集におけるAPIバージョンの考慮の効果, 日本ソフトウェア科学会 第36回大会, August 28, 2019.
  • 秦 将裕,西本 匡志,西山 佳志,川端 英之,弘中 哲夫,OSAIFU:プログラム理解支援のためのAndroid Studio プラグイン, 日本ソフトウェア科学会 第36回大会, August 28, 2019.
  • 西山佳志,西本匡志,近藤悠志,川端 英之,弘中 哲夫, API 利用パターン情報抽出のためのイベント駆動型アプリ ケーションにおけるオーバライドされたイベントリスナの解 析手法の検討, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-SE-202, No.14, July 13, 2019.
  • 近藤悠志, 西本匡志, 西山佳志, 川端英之, 弘中哲夫, イベント駆動型アプリケーション開発のためのAPI使用パターンに関する対話型検索を支援するグラフベース視覚化ツールの検討, 情報処理学会第81回全国大会講演論文集, 7N-06, pp. 1-303-1-304, 2019.
  • 近藤悠志, 西本匡志, 西山佳志, 川端英之, 弘中哲夫, オープンソースリポジトリから自動抽出されたAPI集合の検索性向上のための頻出パターンマイニングによるAPI集合間の関係付け, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-SE-201, No.11, 2019.
  • 西本匡志,小林周太郎,川端英之,弘中哲夫,2018年 夏のプログラミングシンポジウム,今そこにあるルービックキューブを解くツール,2018.8
  • 西山佳志, 西本匡志, 川端英之, 弘中哲夫: “ソースコードに含まれる機能を要約して一覧表示できるプログラム理解支援ツール” 第198回ソフトウェア工学研究発表会, 2018
  • 西本 匡志, 西山 佳志, 川端 英之, 弘中 哲夫: “気楽なアプリケーション開発を可能にするSearch-Select-Superpose Loopの反復支援ツール” 第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2018), 2018
  • 西本匡志,西山佳志,川端英之, 弘中哲夫: “プログラム理解のためのコードの機能分けツールの検討” ウィンターワークショップ2018・イン・宮島, 2018
  • 西山佳志,西本匡志,川端英之,弘中哲夫: “プログラミング支援のための機能毎のAPI集合の変数の依存関係を用いた抽出手法の検討” 第6回電子デバイス・回路・照明・システム関連教育・研究ワークショップ, 2017
  • 西本匡志, 川端英之, 弘中哲夫: “API呼び出し記述支援手法に向けてのソースコードからマイニングした情報の特徴分析” 第58回プログラミング・シンポジウム,ポスター発表, 2017
  • 三宅雄介,西本匡志,川端英之,弘中哲夫: “未完成プログラムの制御構造を踏まえたAPI呼び出し記述モデルに基づく不備指摘機能実現の検討” 第4回電子デバイス・回路・照明・システム関連教育・研究ワークショップ, 2016
  • 松原遼平,西本匡志,川端英之,弘中哲夫: “プログラミングアドバイスの絞込みを実現するAPI呼び出し系列データベースを支援するタグ付けの検討” 第4回電子デバイス・回路・照明・システム関連教育・研究ワークショップ, 2016
  • 西本匡志, 川端英之, 弘中哲夫: “キーワードと書きかけのコードから開発者の意図を推測するAPI呼び出し記述支援手法の検討” 日本ソフトウェア科学会第33回大会, 2016
  • 西本匡志, 川端英之, 北村俊明: “モバイルデバイスのためのビジュアルプログラミング環境の設計と実装” 第 11 回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2009), 2009

所属学会

  • 情報処理学会
  • 日本ソフトウェア科学会

I’m interested in…

  • プログラミング言語、開発環境
  • プログラミング教育
  • ソフトウェア工学
  • 人工知能(AI)
  • ロボット,自動運転

連絡先

  • nishimoto.masashi[at]gmail.com